雑飲食記・再

無節操に食べ歩いています

岩村町 エスポワール【ご当地ハヤシライス】

ハヤシライスの語源と発祥について、興味を持った事はございますでしょうか。

毎度の暇にまかせて地元情報を検索中、偶然こんな情報を見つけました。

 

「ハヤシライスの産みの親は岩村出身「早矢仕有的」氏にによるもので、その名称は

氏の苗字からつけられたものである」

 

え。。。ハッシュドビーフが訛った訳じゃなかったの。。。?

ja.wikipedia.org

↑ ハヤシライスについてby wikipedia ↑

 

早矢仕、でハヤシと読むのですね。

なんかもうこれが当て字みたい。。。

ちなみに氏はお医者さんであり実業者でもあり、あの丸善の前身、丸谷商社の創始者の一人でもあるそうです。

 

もちろんハッシュドビーフが訛った説が一番有力である事には変わりないのですが、

ご当地としてはこんな楽しい言われを放っておく訳がありません。

岩村のある恵那市ではご当地グルメとして「えなハヤシ」なる物が開発(?)されておりました。

 

早速食べに行ってきます!

f:id:cotomo:20210619121601j:plain

恵那ハヤシを提供しているお店はいくつかあるのですが、本日は岩村町にございます、洋食レストラン「エスポワール」さんにお邪魔してきました。

 

f:id:cotomo:20210619125706j:plain

f:id:cotomo:20210619121844j:plain

店内はしっとり可愛い雰囲気です。

 

パスタ、ピザ、鶏や豚のグリルと。。。

f:id:cotomo:20210619121826j:plain

ありました、えなハヤシライス。

ハンバーグと目玉焼きつきのロコモコ風も。

 

ちなみにえなハヤシには以下の特徴があるそうです。

 

まずはセットのスープとサラダから

f:id:cotomo:20210619122134j:plain

 

メインのえなハヤシロコモコ風!

f:id:cotomo:20210619123522j:plain

古代米の赤と、添えられたぷるぷるの目玉焼きが食欲をそそります。

 

さらっと優しいお味、するするじんわりおいしいです。

ごはんの量は多分結構あると思うけど、するっといただけてしまいました。

 


 

さて次回は何をいただこうかなあ、とメニューを再度覗き込み。。。

f:id:cotomo:20210619121923j:plain

女城主合戦カレーを発見。

すごいです、そのストーリーも凝ってます。

 

登場人物

  • ごはん→岩村城
  • ハヤシ(甘口)→武田軍
  • カレー(辛口)→織田軍

 

あらすじ

ハヤシとカレーがごはんをめぐって繰り広げる攻防。

美しい岩村城(ごはん)は色とりどりの花々(パセリとかパプリカ)で彩られているのですが、実はそれらの花言葉は。。。

 

  • パプリカ→同情・憐み・君を忘れない
  • イタリアンパセリ→勝利・役に立つ知識・死の前兆

 

おつやさああああああん!!(号泣

cotomo.hatenadiary.jp

 

岩村 女城主 日本酒 純米大吟醸 720ml 岐阜県 辛口

飲んで忘れよう(再

 

言われはさておき、カレーも普通においしそうですね。

次回ぜひ挑戦してみたいと思います。

 

楽しいご当地をまた発見の備忘でした。

ごちそうさまでした! 


エスポワール洋食 / 岩村駅
昼総合点★★★★ 4.0