雑飲食記・再

最近は岐阜東濃地域中心に、ランチ・モーニングの備忘をのんびり綴っております。

茶寮 栗乃舎(川上屋 手賀野店)【冬のあったか栗ぜんざい】

本日のおやつタイムは今回はかねてから気になっておりました、和菓子屋さんのイートイン、

栗きんとんで有名な川上屋は「茶寮 栗乃舎」さんへお邪魔してきましたの備忘です。

f:id:cotomo:20211214111852j:plain

f:id:cotomo:20211214112303j:plain

暖簾には「中津川」川上屋とあります。

 

あれ。。。?

以前訪れた恵那峡のお店には

f:id:cotomo:20210909142210j:plain

横井照子ひなげし美術館【やさしくておいしい】 - うろうろしています。

「恵那」川上屋とありましたよね。。。

 

気になって調べてみたところ、この二つ、実は「別の会社」なんだそうです。

えええええスイマセン、全部一緒だと思ってました!

 


 

実食前の余談

 

川上屋」の創業は1864年中山道の宿場町として栄えた中津川で

土地の特産、木曽路の味覚を提供するお店として始まりました。

そのちょうど100年後、その川上屋で工場長を務めていた鎌田さんが創業したのが「恵那 川上屋」。

 

栗きんとんの味は本家をそのままに、

恵那川上屋では和菓子に限らず、洋菓子やオリジナル商品の開発、

現在は地元恵那栗の栽培にも力を入れてらっしゃるそうです。

 

老舗和菓子屋の伝統を守り続ける中津川の「川上屋」と

新しい挑戦にも情熱的な恵那の「川上屋」。

東濃の名産を支える暖簾にも歴史ありでございました。。。!

 

ちなみにすやも「すや」と「恵那寿や」があるんですよね。

こちらもなんか関係あったりなかったりするのかしら。

また時間があったら調べてみます。

 


 

店内右手に美しい和菓子の並ぶショーケース、

喫茶スペースは左手でございます。

f:id:cotomo:20211214115804j:plain

 

季節の栗おこわ、ぜんざいに葛切りの甘見定番。。。

f:id:cotomo:20211214115952j:plain

あああ迷う!(涎

明るくて広々。

車いすさんやベビーカーも楽々です。

f:id:cotomo:20211214120130j:plain

窓の向こうに和庭園。

下半分しか見えないのがミソといいますか。

 

写真切れてますが、左手側の窓も程よく視界が遮られてます。

お店は国道沿い、しかも交差点角で交通量も多いので

窓からぜーんぶ見えてしまうと、少し落ち着かない印象になってしまうんですね。

 

f:id:cotomo:20211214121325j:plain

今しかいただけないとなれば、チョイスは栗子餅一択なのですが、

この日も少し肌寒く、ついつい暖かい物を目が探してしまう。。。

 

となれば。。。

f:id:cotomo:20211214121558j:plain

やはり栗ぜんざい!

 

もういきなりお茶からおいしいー!

f:id:cotomo:20211214121826j:plain

上品な甘さ、後味スッキリ、

栗もしっとりほっこり、ぜんざいに負けずも過ぎずのちょうどよい甘さです。

焼いてから投入のお餅はお汁を邪魔せず、香ばしく歯切れもよく。。。

 

はああああ。。。

 

あったまるー。。。

 

ここですかさず(?)牛蒡をポリポリ。

塩醤油なシンプルなお味にぜんざいの甘さが引き立ちます。

f:id:cotomo:20211214122942j:plain

よだんその2(?)

 

この雰囲気どこかで、と入店時から思ってて。。。

あー。。。

 

サガミだ。(え

f:id:cotomo:20211214123206j:plain

サガミ 恵那店【本気のモーニング】 - 雑飲食記・再

 

リッチなサガミ。

もとい、単純にBGMが一緒なんだと思います、たぶん。

USEN/お琴の調)←ただの勘です

 


 

冬の午後、和の雰囲気の中いただくあったかスイーツに、おなかも心もほっこり。

本日もごちそうさまでした!


川上屋 手賀野店甘味処 / 中津川駅
昼総合点★★★★ 4.0

お気に入り和カフェ スイーツブログ・テーマ
お気に入り和カフェ